特別講話

第3講 「死生観」を掴む

田坂塾長メッセージ

戦前から語られてきた言葉がある。

経営者として大成するには、
次の体験の、いずれかを持たねばならぬ。
戦争か、大病か、投獄か。

これらの体験は、
いずれも「生死の体験」。

その極限の体験の中で、
深く「死生観」を掴んだ人物だけが、
優れた経営者としての道を歩むことができる。

この言葉は、そのことを教えている。

たしかに、戦後の経営者の姿を見つめると、
この言葉は、真実。

では、戦争も投獄もない、この平時において、
我々は、いかにして、
深い「死生観」を掴むか。

この第3講においては、
30年前、小生に与えられた「生死の体験」を語り、
「死生観」を掴む、心得と覚悟を語る。

そして、
その「死生観」を深く掴んだとき、
なぜ、我々の中に眠っていた様々な能力、

「直観力」「洞察力」「創造力」「言霊力」「生命力」

といった能力が開花するのか、
さらには、

なぜ、我々の「運気」が高まるのか

について語る。

特別講話CD

この特別講話と対話の全編は、CDにて、お聴き頂けます。
当日、特別講話にご参加頂けなかった方も、
こちらのCDにて聴講頂けますと幸いです。

特別講話CDの購入

講話視聴

この講話内容の一部は、
下記URLより、動画にてご覧頂けます。

お問合わせ

田坂塾 事務局 (シンクタンク・ソフィアバンク内)

E-Mail:tasakajuku@hiroshitasaka.jp

TEL:03-6257-3951(平日 9:00-18:00)